受付時間:月曜~金曜(9:00~17:00)

インターネットの脅威~ウイルスについて

2017/05/08-Mon
カテゴリ:情報システム担当なら知っておくべきIT資産管理情報

ウイルスは、電子メールやWeb閲覧などによって、コンピュータに侵入する特殊なプログラムで、広義にはマルウェアとも呼ばれます。電子メールやホームページなどを閲覧しただけで感染するものが増えており、また現在はネットワークに常時接続されていることが一般的であるため、ウイルスの増殖速度が速まっています。

多くのウイルスは自己増殖するための仕組みを持っており、コンピュータ内のファイルに自動的に感染したり、ネットワークに接続しているほかコンピュータのファイルに自動的に感染したりして増殖します。

また最近では、電子メールのアドレス帳や過去の電子メールの履歴を利用して、自動的にウイルス付きの電子メールを送信するものや、ホームページを閲覧しただけで感染するものも多く、世界中にウイルスが蔓延する大きな原因となっています。

これから何回かに分けて、「ウイルス」について詳しくお話していきたいと思います。

1.ウイルスの感染経路
 1-① ホームページの閲覧
 1-② 信頼できないサイトで配布されたプログラムのインストール
 1-③ 電子メールの添付ファイル
 1-④ USBメモリからの感染
 1-⑤ ファイル共有ソフトによる感染
 1-⑥ 電子メールのHTMLスクリプト
 1-⑦ ネットワークのファイル共有
 1-⑧ マクロプログラムの実行
2.ウイルスの主な活動
 2-① 自己増殖
 2-② 情報漏洩(じょうほうろうえい)
 2-③ バックドアの作成
 2-④ コンピュータシステムの破壊
 2-⑤ メッセージや画像の表示
3.ウイルスに感染しないために

IT資産管理に関するご質問でしたら何でも構いません。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせ

info_dreams@drs.co.jp

ディーアールエス株式会社

無料IT資産管理診断

情報システム担当者40名に聞いた! 『IT資産管理の実態調査レポート』無料進呈中