受付時間:月曜~金曜(9:00~17:00)

ウイルスについて~3.感染しないために

2017/07/03-Mon
カテゴリ:情報システム担当なら知っておくべきIT資産管理情報

前回は「2.ウイルスの主な活動」についてお話ししました。最終回の今日は、ウイルス感染防止のお話です。

3.ウイルスに感染しないために

ウイルス感染を防止するためには、3つの基本対策があります。

①ソフトウェアの更新

ソフトウェアの更新(OS、アプリケーションソフト)は、脆弱性をなくすために重要な作業です。サポートが切れたソフトウェア(例えば、Windows XPや、Microsoft Office 2003など)を明確な理由のないまま使い続けていませんか。プログラムの不備などが攻撃の対象となります。

②ウイルス対策ソフトの導入

一般的に、電源がオンの時に常に起動した状態となり、外部との送受信データを常時監視することで、インターネットやLAN、記憶媒体などからのウイルス感染を防ぎます。ただし、ウイルス対策ソフトは、これまでに発見されたウイルスに対応する検知用データを使って発見する仕組みであるため、新しいウイルスは検知できないことがあります。また検知用データが最新化されていない場合も、同様です。

③怪しいホームページやメールに注意

ウイルスは様々な経路でコンピュータに侵入してきます。特に、迷惑メールや掲示板内のリンクには注意が必要で、不審なメールの添付ファイルを開かないなどの教育も重要です。最近ではSNSなどの短縮URLが悪性ホームページなどへの誘導に使われているケースもあります。

インターネットの脅威~ウイルスについて
1.ウイルスの感染経路
2.ウイルスの主な活動 
3.ウイルスに感染しないために ←今日はココ(最終回)

IT資産管理に関するご質問でしたら何でも構いません。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせ

info_dreams@drs.co.jp

ディーアールエス株式会社

無料IT資産管理診断

情報システム担当者40名に聞いた! 『IT資産管理の実態調査レポート』無料進呈中